こんばんは。
前回は過去記事を再編した物でしたが今回は新規です。ですが同じ国鉄101系の話題です。

CIMG4057


本日はKATO 101系(中央線快速)をお送りしませう。

IMG_4604


(前回より続き)
鳴り物入りで登場した101系でしたが、全車電動車構造であるため使用電力量が格段に増えたにも関わらず変電所など地上設備の整備が追い付いておらず早々に全車電動車化は頓挫し、付随車を10両中2両、後に4両組込み6M4T化され大幅なパワーダウンを余儀なくされる事に。更には主電動機の熱容量の問題からMT比1:1の編成が組めない等経済性の悪さも浮き彫りになり、1960年代に入りMT比1:1構造を原則とし経済性を考慮した後継の103系通勤型電車が投入される事となります。
中央線快速の次はカナリアイエローに塗られ山手線へ投入されましたが、全車電動車構造による高加減速を放棄した101系は駅間距離の短い山手線には全く不向きであり、ほどなくしてウグイス色の103系の投入が開始され101系は塗装変更を経ずに総武中央緩行線に転用され、カナリアイエローが総武中央緩行線のラインカラーとなる等、103系と共に首都圏各線のラインカラー普及に貢献する事となりました。
大成功とは言い難かった101系ですが103系登場後も増備が続けられ、関東圏のみならず関西圏への投入も行われた結果総勢1535両という大所帯となりました。

DSCN1570


「Legend Collection」第一弾として発売された記念すべき初代製品(左)からしばらくして、通常製品がセット形態・編成を変える等のマイナーチェンジを経て復活しました。自分のド近眼及び単純回路の脳味噌では特に違って見えませんが顔も少し変わったと言われます。

DSCN1574


基本仕様は「Legend Collection」と殆ど変りませんが、販売形態が6両基本+4両増結となり、後年の武蔵野線タイプやオレンジのまま転入した南武線、更に関西地区の片町線や桜島線も再現できます(が付属する行先は中央線仕様のみ。別途メイクアップパーツあり)。


編成細見

1Mc101-78


1号車:クモハ101-78
主抵抗器・主制御器・電動発電機を搭載する東京寄り制御車。

2M100-76


2号車:モハ100-76
電動空気圧縮機(MH80-C1000)・パンタグラフを搭載する電動車。

3Tc100-67


3号車:クハ100-67
高尾・奥多摩寄り制御電動車。後期製造車は電装準備を止め、パンタ台等も装備しない完全な制御車となりました。
ここまでが3両付属編成。「レジェンド~」編成のTc-M-M´cに対しMc-M´-Tcと組成が異なるのがポイント。

4Mc101-17


4号車:クモハ101-17
主抵抗器・主制御器・電動発電機を搭載する東京寄り制御電動車。

5M100-31


5号車:モハ100-31
電動空気圧縮機・パンタグラフを搭載する中間電動車。この車両が動力車となっています。

6T101-36


6号車:サハ101-36
付随車。

7T100-211


7号車:サハ100-211
サハ101-200番台と同じ経緯で電装準備工事がされたサハ100-200番台が製造されましたが、電装準備工事の打ち切りに伴いサハ101-200番台よりも少数の製造で終了しています。

8T100-36


8号車:サハ100-36
付随車。フル編成にすると電装準備車が2両連なるのがこのセットの特徴です。

9M101-161



9号車:モハ101-161
主抵抗器・主制御器・電動発電機を搭載する中間電動車。

10Mc100-81


10号車:クモハ100-81
電動空気圧縮機・パンタグラフを搭載する高尾・奥多摩寄り制御電動車。

ここまでが7両基本編成。
セットは6両基本が1.5.7.8.9.10号車、4両増結が2.3.4.6号車となっています。

台車やパンタ台等の表現・ライトの点灯や付属パーツなどは「レジェンド~」編成とほぼ同様です。

CIMG4029


「レジェンド~」編成(右)との並び。
外観上の特徴となるテールライトは、この編成では東京方先頭車2両が内嵌め・高尾方先頭車2両が外嵌め式と差異が見られます。

お手入れ内容は、パンタ換装以外は「レジェンド~」編成とほぼ同様です。

P1120692


4号車のクモハ101-17は武蔵野線の行先を貼って100-番台風味に。
しかしこの編成では3号車と10号車を差し替える事が出来ないのでレジェンド編成の3号車を拝借しています。

DSCN1543


その4号車には乗客が乗っています。真っ白な車内も着色すると少々賑やかになるかもですね。


 フォトギャラリー

CIMG4035


ヘッドマークは着脱式を存置し色々付けられるようになっています。行先は「東京」。某M社みたく並々ならぬ情熱を注いだ光り方ではなく、実物通りほんのり光る行先表示幕がGOODです。

CIMG4049


下り方行先は何故か「御嶽」行なので今後の表示再編の際にちょっと考え直したいところですが「おくたま」や「みたけ」のHMを着けると似合いますかな…?

DSCN1540


6連に減車し武蔵野線もどきに。
開業当時は日中40分間隔と今では考えられないダイヤだったそうな。レジェンド編成より武蔵野線の機能を移譲しようと画策中です。

P1120716


抵抗器冷却ファンの音や「チキチキチキチキ…」というCPの音など、国電の「息吹」が聞こえてきそうな一枚。

一時期のオレンジブームで当社には個性的なオレンジが沢山います。今後も順次紹介記事書いて行きますのでどうぞご期待ください。
 

最後までご覧いただきありがとうございました。