こんばんは

毎週土曜夜8時恒例の保有車両紹介です。
名鉄は暫くお休みとして、今回は懐かしのコチラをご紹介。

CIMG2019


KATO 183系1000番台をお送りしませう。

CIMG1965


総武快速線東京開業及び外房線・内房線電化による特急列車運行開始に伴い1972年に登場したのが183系特急型電車です。485系をベースにしていますが分割併合運行を想定し、前面は583系同様の所謂「電気釜」形状とし、長距離運行で食堂車を組み込むという当時の特急用車両のスタンダードスタイルに対し比較的短距離かつ普通列車運用も考慮した2扉構造且つ食堂車を省略するなど、当時の特急型電車としては思い切ったスタイルとなっているのが特徴です。房総地区の特急用に製造された0番台に続き、雪害や長年の酷使による故障に悩まされていた上越特急181系の代替用に1974年より耐寒耐雪装備を付加した1000番台が製造されます。なおJR化に前後して485系から交流用機器を撤去したグループが183系に編入されJR西日本で運行されますが、こちらは全くの別物です。
JR化後も各種リニューアルやグレードアップ改造が行われ、碓氷峠を降りた189系と混成されながら活躍しましたが、E257系など新系列の増備により0番台は2006年までに、1000番台も2015年に最後まで残ったクハ2両が廃車となり廃系列となりました。


CIMG2044


151系時代からの長年の酷使により老朽化や雪害による故障が相次いでいた上越線特急「とき」用の181系及び、車体構造の問題で老朽化が進んでいた伊豆方面特急「あまぎ」用の157系取替用に急遽1974年より開発・製造されたのが183系1000番台です。先に登場していた房総地区用の0番台をベースとし前面貫通扉が廃止されるなどの耐寒耐雪構造が強化されています。新潟運転所と田町電車区に配置され、「とき」・「あまぎ」・「白根」などで活躍することとなります。比較的長距離を運行する列車ですが利用率低下から181系とは異なり食堂車の連結はありませんでした。上越新幹線建設のため181系全車を置き換えるには至らず、1982年の「とき」廃止及び185系の投入により特急「あずさ」や房総地区の急行列車の特急化に使用されました。
JR化後は、高速バスとの対抗のためアコモデーションを改良した「グレードアップ車」が誕生するなど内外装の変化が見られます。2000年代に入り、E257系などの後継車両が投入されると多くは編成を組み替えて臨時列車等の波動輸送に転じることとなります。各地へ向けた臨時・団体列車の他「ホリデー快速」や「ムーンライトながら」など多くの列車に使用されましたが、運用の減少と185系の波動運用進出に伴い廃車が進行し、2015年を以て形式消滅となりました。

IMG_6776


・模型について
模型はKATO製品で、2014年夏のぽちフェスで仕入れてきました。7両セットに単品を足していく形で最盛期の12連を再現できます。189系は碓氷峠シリーズで盛んに製品化・リニューアルされていますが183系はリニューアルなどもされずに未だに電球ライトの旧製品が結構流れています。近年TOMIXがHG製品として数々のバリエーションを製品化していますが、模型スタート初期に面白いと思ったHM変換機構が好きなので敢えてのKATO製品導入です。
しばらくは7両編成でしたが、後にこれまた中古でMMユニット2組とサロを補充し往年の12両編成を再現します。

IMG_6788


同時期に買った681系などの整備が優先されて、シール貼りなども遅れに遅れていました。
各形式平等に愛情を注がないと起こられてしまいそうです(誰に)。なお製品状態ではライトは電球なので暗いです。

IMG_6794


懐かしのポポンデッタ横浜ビブレ店を走る183系1000番台。

CIMG5507


時は流れ、実車も引退し模型への傾倒が進んだのを機に整備スタート。
内容は主に
・ライトのLED化
・2M化
・一部車両へのトイレタンク取付
・行先表示シール貼り

CIMG9444

灯火類にはモデルトレインプラス社の砲弾型抵抗内蔵LEDを用いており、リアルな点灯を再現。
ヘッドマークは白色・ライトは電球色(プリズムに着色)となります。

CIMG9429

テールライトも赤色・ヘッドマークは白色で点灯しますが、やはり旧製品に無理矢理LEDを仕込んだので光り方に少々難が。ここは改善の余地がありそうです。

CIMG9470

行先表示は「特急とき上野/特急とき新潟」としています。

CIMG5508

KATOカプラーBタイプを装着するサロ183にはトイレタンクを装着しています。
これだけでも車端部がにぎやかに。なおアーノルドカプラー交換用のAタイプへの装着は困難です。

DT32TR69
台車は当時の特急・急行型同様のDT32/TR69を装備。

CIMG2042


ヘッドマークバリエーション
先ずは「とき」。上野~新潟間のエースだった特急です。どちらかと言うとボンネット顔の181系のイメージですね。
在来線特急での上野~新潟間はどんな感じだったのでしょう。食堂車はありませんが181系より状態がよいので寧ろ好評だったとか。

CIMG4102


お次は「あずさ」。8時ちょうどのあずさ2号と言えばコレですね。
プラレールの影響か、この色でこの顔と言う「あずさ」のイメージが強いですね。

CIMG9480

民営化後に「あずさ」の甲府発着便を分離した「かいじ」。
あずさ色での印象が強いですが、当時の「鉄道ファン」には国鉄色で走る写真が載っています。

CIMG4120


続いては「わかしお」
房総半島では0番台のイメージが強いですが一部1000番台も運行されていた模様で、0番台全廃後は臨時列車などで活躍。

編成細見
なお編成例は「とき」で、その他の列車は組成が異なります。

1Tc183-1001

1号車:クハ183-1000
MG・CPを装備する上野寄り制御車。

2M182-1003

2号車:モハ182-1000
パンタグラフを装備する中間電動車

3M183-1003

3号車:モハ183-1000
主制御器・主抵抗器を装備する中間電動車。

4M182-1002

4号車:モハ182-1000
動力車となっています。

5M183-1003

5号車:モハ183-1000
中古品をバラ買いしたのでナンバーは被りまくっています。

6Ts183-1101

6号車:サロ183-1100
CP・MGを搭載するグリーン車付随車。
先頭車だけではCP・MGの容量に余裕がなくなるためグリーン車にも搭載し編成内で3台ずつ搭載としています。

7Ts183-1001

7号車:サロ183-1000
グリーン車付随車。CP・MGは3台ずつで足りるためそれらを省略したグループも製造されています。

8M182-1003

8号車:モハ182-1000
12両編成での運転時の安定性向上のためジャンク品で買ってきた動力を整備して2M化しています。


9M183-100

9号車:モハ183-1000


10M182-1003


10号車:モハ182-1000
ダブルパンタ搭載ですが民営化後に片方が撤去されて1基パンタとなります。

11M183-1003


11号車:モハ183-1000

12Tc183-1002


12号車:クハ183-1000
MG・CPを装備する新潟寄り制御車。

CIMG5488

183系1000番台「とき」を語る上で外せないのがサロ183-1050番台の存在。
厳しい経営に置かれていた当時の国鉄は可能な限りコストを削減する事を強いられ、183系に連結されるグリーン車も余剰となっていた485系サロ481を用いることとなり、4両が編入改造されました。

CIMG5511

サロ481をほぼそのまま転用したため、183系にはないドアステップの存在や、車高と窓の高さがが若干高い事により183系とは窓周りの赤帯の位置が合わず編成に凹凸が出来るなど外観に大きな違和感を感じます(写真左がサロ183-1050)。なお4両全車とものちに485系に復帰しています。

CIMG5512

模型では旧製品のサロ481をそのまま組み込んでいるだけのお手軽再現です(無論ナンバーも変えていない)。
なお485系でグリーン車2両の「雷鳥」編成を再現する際にはそちらに駆り出されるなど183系と485系で共用されています。

・ギャラリー

CIMG1953

往年の越路の主力、165系との並び。

CIMG2040

東京・小松川のレンタルレイアウト「夢空間」での走行シーン。

CIMG2085

新潟駅に入線する光景を思わせましたね。一度見てみたかったです。
新潟駅も高架化により風景が一変したとの事です。

CIMG2020

上下線同士が離れる主要幹線のような風景(かぜかすれ違うのは北アルプスという。)

CIMG9479

所変わって川崎。「あずさ」として走行します。
様々なカラーやスタイルの形式が走っていた「あずさ」も現在は白地にパープルラインのE353系に統一され、L特急時代の面影は影を潜めています。

CIMG9487

「8時丁度の~」で有名な「あずさ」。
なお「かいじ」との号数統合により2020年ダイヤ改正で「あずさ2号」は消滅していますが、歌われた当時の「あずさ2号」と同じく新宿発8時丁度の「スーパーあずさ5号」は「あずさ5号」に改称したので若干メロディに乗せやすくなっています。令和版としてリメイクも是非…

IMG_6761

同時期に入線した485系300番台との並び。俗にいう「電気釜」は583系から始まり183系へと継承され485系に発展し「L特急」の代名詞として長く親しまれる事に。485系に付いてはそのうち。

最後までご覧いただきありがとうございました。